汗かきメイク

汗かきでメイクをしてもすぐに崩れてしまう。
そんな私が実践して効果を感じているメイク崩れ対策をご紹介しています。

汗でメイクが崩れる…対策はないの?

メイクをしても汗ですぐに崩れてしまう。
そんなお悩みをお持ちの方、少なくないと思います。



バッチリメイクをして出ていっても、
夕方になるころには汗で流れてすっぴん状態なんですよね。

すっぴんだったらまだいいけど、
汗と皮脂がまじって顔色が暗い感じになってしまうのが困りものです。



皮脂によるメイク崩れは、利用するファンデや下地の種類、スキンケアの仕方を工夫すればまだなんとかなります。

けど、真夏の汗によるメイク崩れはどうにもなりません。
あくまでも私の場合ですが、私は汗かきなので夏場は滝のように顔汗が出ます。

汗が滝のように吹き出すと、どんな落ちにくいメイクをしていても毛穴が落ちたみたいになるんですよね。

そこに皮脂によるベタベタが加わると確実にメイクが崩れますし、ベタベタになって崩れたメイクはもはや修復不能。やりなおすしかありません。

誰にも会わない日なら良いですが、
最後まできれいなメイク顔を保ちたい時もありますよね。

しかし汗は止まりません。
一体どうすればよいのか…?



当サイトでは、私が試行錯誤しながらたどりついた「顔汗によるメイク崩れ」対策をご紹介しています

汗によるメイク崩れを防ぐことって、
実はとってもシンプルで単純な方法で対策できるんですよね。

参考になりますと幸いです。





まずは崩れにくいメイクを心がける

ありきたり…ですが、汗が出る出ない以前に、
スキンケアがちゃんとできていないとちょっとしたことでメイクは崩れやすくなります。

以下の点に気を付けてみましょう。

そういう基本的なことはすでにやっているという人、
先に汗対策が知りたい!という人は、「汗」によるメイク崩れはどう対策する?をご覧ください。



保湿はしっかりたっぷりしつつ、油分はほどほど…のスキンケアをする




汗だけでなく、皮脂もメイク崩れの大敵。
肌がべたつきやすいかそうでないかは肌質も関係ありますが、必要以上に皮脂が分泌されるのは肌が乾燥しているから。

乾いた肌を潤そうとして、
油分をせっせと出している状態なんです。

皮脂が多くてメイクがすぐに崩れてしまうという人は、大抵の場合肌が乾燥しています。

肌がベタベタしていると一見潤っているように見えるため、乾燥とは無縁と思ってしまいがちですが、実は乾燥しているんですよね。



できるだけ皮脂の分泌を少なくするには、
とにかくメイクをする前に徹底的に保湿することです。

といっても、あまりにリッチな成分の化粧水だと、
逆にべたついてしまう可能性もありますので注意が必要。

化粧水をたっぷりしみこませたパックなんかだと、
効率よく水分補給できるのでおすすめです。



あと、セラミド系の化粧水もおすすめ。

セラミドって保湿力はあるのにベタベタしないので、
メイク前の水分補給にはもってこいなんですよね。

化粧水で水分補給をしたら、その水分の蒸発を防ぐために乳液などで肌に蓋をしてください。

クリームや乳液などのオイル系のアイテムは塗り過ぎは禁物ですが、何も塗らないと乾燥を招いてしまい、逆に皮脂の分泌が活発になってしまいますので適度に塗るようにしてください。

個人的には乳液やクリームも、セラミド系がおすすめ。
ただし、あまり成分がリッチすぎないものを選びましょう。



皮脂コントロール用の下地を使う


次にメイクです。
ファンデなどを塗る前に、皮脂コントロール効果のある化粧下地を使用します。



これ、塗っているのとそうでないのとでは確実にメイクの崩れやすさが変わってくるので、メイク崩れしやすい人にはマストアイテムです。



ただ、皮脂コントロール用のアイテムって値段にばらつきがあるのと、
肌が乾燥しやすくなるようなものもあります。

例えば20代の若い人なら、お値段の安い下地でもよいと思いますが、そうでないのなら、美容成分が配合された下地を選びましょう。

お値段が高い下地って肌の質感をよくみせてくれる効果もあるため、
予算に余裕があるのならおすすめです。



ファンデーションはリキッドよりもパウダー


下地を塗ったら、次はファンデーションです。
いろいろなタイプのファンデがありますが、皮脂や汗が多い人にはパウダータイプのファンデーションが良いでしょう。



リキッドタイプは油分や水分が含まれているため、
汗や皮脂が付くと流れやすく、メイク崩れの原因になります。

一方で粉状のパウダーファンデーションなら、ある程度までは余分な皮脂を吸い取ってくれるため、メイクが崩れにくいです。



ただし、パウダーファンデの中には肌の乾燥を助長するものもあります。

特に価格が安すぎるファンデは、
美容成分が最低限にしか含まれていないため乾燥しやすいです。

皮脂は吸ってくれるかもしれませんが、肌が乾きすぎると逆に皮脂が出やすくなるため、できれば美容成分を配合したパウダーファンデーションを利用するのがおすすめです。



あと、塗り方も大切です。

肌がベタツキやすい人や汗かきな人の場合、
メイクが全く崩れないということはあり得ません。

メイクが崩れた時に醜くならないように、
Tゾーンのようなべたつきやすい箇所には控え目にファンデをのせるようにしましょう。



アイメイクは皮脂や水に強いタイプを使う




当たり前かもしれませんが、
アイメイクなどポイント的に使うメイクアイテムは水や油に強いタイプを選びます。

特にアイメイクは、汗かきな人はウォータープルーフ一択です。

最近の夏は暑すぎるので、
額を流れ落ちてくるくらいの汗をかくときもあるんですよね。

目のまわりに汗が付くこともあるので、ウォータープルーフじゃないとメイク崩れを起こす恐れがあります。



あと、これは顔の造りにもよるのですが、
二重まぶたってその形によってはアイシャドウが溝に溜まりやすいんですよね。

メイクが崩れてくると、二重の溝にそってアイシャドウがくっきりと線のように…なんてことも珍しくありません。(私のこと)

特にはっきりとした色味のアイシャドウを利用すると、崩れた時の状態がホントにひどいです。

二重の溝にアイシャドウが溜まりやすい人は、
崩れ防止に「アイベース」を利用してからアイシャドウを塗るか、控えめな色を薄めにのせるようにするのが無難です。




皮脂よりも悲惨!「汗」によるメイク崩れはどう対策する?



春〜初夏など、ちょっと気温が上がりはじめて顔がベタベタしやすくなってきたという程度なら、先に紹介したような対策を行っていればまあ大丈夫でしょう。

皮脂コントロールの下地などを使っていたとしても全く崩れないというわけではありませんが、ある程度きれいな状態を保てることと、崩れても見苦しいほどにはなりません。



しかし猛暑といわれる真夏の時期に入ってくると、それだけでは全然だめです。

顔から頭から汗が大量に吹き出すので、
メイク崩れるというよりも流れるという感じで、もうどうしようもありません。

汗は個人差が大きいため、真夏でもあまり汗をかかないという方もいらっしゃるかと思いますが、私に関しては真夏は汗地獄。

時間をかけてせっかくメイクをしたのに、
暑い中をしばらく歩いただけで台無しになるという悲しい季節です。

できるだけ薄づきの控えめメイクにして、崩れても見苦しくならないようにするのが精一杯。



…だったのですが、友人に教えてもらったコスメ(コスメとはいわないのかも)を使いはじめてから、この問題はあっさり解決しました。

その方法とは…



汗自体を止めてしまう




流れ出る汗はどうしようもありません。
滝のような汗に耐えられるメイクなんてないので、先にも述べたように崩れても見苦しくないメイクをするしかありません。

真夏だけはどうしようもないとあきらめていました。

そんな話を友人としていた時に教えてもらったのが、以下の「AHCセンシティブ」という制汗剤です。



制汗剤なんて、真夏の汗には効果ないでしょと思って信じていなかったのですが、最近のアイテムってすごい!

めちゃ効果ありました。
この商品考えた人、天才だと思います。




真夏でもきれいなメイクを保てている人が不思議で仕方がなかったのですが、多分こういうアイテムを使っているのではないでしょうか。

まったく汗が出ないわけではありませんが、塗ったあとはサラサラで、汗ばんでもタオルなどで軽く押さえるだけできれいになるんです。

汗によるメイク崩れがグッとマシになりました!

おでこから髪の生え際にも汗をかきやすく、
髪がぺしゃんとなりやすかったのですが、その悩みも解消しました。




ちなみにこのAHC、調べてみるとものすごく評価が高いんですよね。

そしててかなり前からあった製品みたい。
今まで気づかなかったのが悔やまれます。。。




AHCセンシティブ 詳細をみる
公式サイトならお試し価格で買えます!





副作用はないの?


私的にはこのAHC、もうホントにおすすめ!なんですけど、
これだけ効果があると、副作用がないのか気になりますよね。



あうかどうかはその人の肌質にもよると思いますが、
AHCには複数の薬用植物のエキスが主に使用されています。

基本的に肌への負担は軽いと思いますが、植物自体にアレルギーがあったとしたら使えません。

とはいえ、AHCでは国際ガイドラインをもとに行われた標本によるパッチテストが実施されており、そのテストではアレルギーや刺激性の反応が見られることはなかったとのことなので、肌があまり強くない人でも安心して使えそうです。

※パッチテストとは、テスト対象となる成分を皮膚に付けた状態で、48時間後にその反応をみるという検査です。




ただし、肌質によっては最初のうちはかゆみがでるかもしれないとのこと。(製品説明にありました)

私は肌はあまり強くない方なので
あわないかもと心配していたのですが、特にそういった症状は出ませんでした。

調べてみると「若干かゆみが出た」という人はいるにはいるのですが、数回使用しているうちに収まったという声も多く、慣れもあるのかなと思います。

ただ成分があうかどうかは個人差があるので、肌が敏感な方はいきなり顔とか首とかに使うのではなく、目立たない場所で試した方が良いかもしれません。



簡単に使える?


AHCは制汗剤なので基本的にはつけるだけなのですが、
一般的な制汗剤とはちょっと使い方が違います。

簡単に説明すると…



まず、寝る前に汗を押さえたい部分にAHCをコットンで塗り、乾かしたあと寝ます。



これを数日間繰り返したのち、汗が抑えられてきたら利用を中止します。

その後は、数日間何もしなくても効果が持続するんです。
私の場合、3日ほど続けて塗ったところで汗が抑えられてきて、その後6日間ほどはその状態が続きました。

汗が出るようになってきたら、またAHCを塗る…の繰り返しです。



毎日使わなくても済むので、とても楽♪
そしてものすごく持ちが良いです。

このタイプの制汗剤ってお値段がやや高めなものが多いですが、
AHCは持ちが良いために頻繁に買い直す必要がありません。

コストパフォーマンスにおいてはトップクラスだといえます。



一番安く買えるのは公式サイト


ご紹介しているAHCセンシティブ、
スイス製の製品なので日本では取り扱いがほとんどありません。

輸入品は販売されていますが、価格が高めです。
楽天もAmazonで買うにしても、商品代金に送料を含めると最安でも4000円を超えるなど結構お高くなってしまうのですよね。

なので買うなら唯一の正規総代理店である、
以下の公式サイトで買うのが一番お得です。

初回はお試しキャンペーンで定価よりもかなり安く買えるようになっているため、公式で買うのが最良だと思います。



ちなみに一応書いておくと、「定期購入縛り」があるんじゃないの?
と思われる人もいるかもしれません。

けっこうあるんですよね。
安く買えるかわりに、何度か定期購入しなくてはならない製品って。

その点、AHCには定期購入はありません
単品買いでも割引価格で安く買えます。

とりあえず使ってみてから続けるかどうかを考えたい人って多いと思うので、定期購入ではないのは安心ですね。









以上となります。
汗がたくさん出る真夏の外出がずっと憂鬱だった私ですが、その憂鬱が一気に解消されました。

滝汗が出ていた今までとは違い、
真夏でも崩れるのを気にせずメイクを楽しめています。

汗にお悩みの方は、とりあえず試してみても損はないと思います。

AHCセンシティブ 公式サイトの詳細をみる
公式サイトならお試し価格で買えます!





Copyright (C) 2018 汗かきメイク All Rights Reserved.
お問い合わせはこちらからお願いいたします

TOP